D855824C-C2D1-43FB-AD81-8340557B242B
NPO・ボランティアの交流の場として毎月1回ハンズオンカフェというのを開いています。
今月は、NPOがウェブサイトを使うことについて、ウェブデザイナーのモンキーレンチことキタジマタカシさんと、キタジマさんが関わったホームページを作った不登校ひきこもり情報たーみなるinながさきのアニさんの体験をもとに学び合いました。

NPOは何のためにホームページを作るのか?

自団体のイベントを知らせるため、ボランティアを募集するためなど目的があるはずです。
今の時代にホームページがない団体は信用されないからホームページを作るという目的もあると思います。

まずは目的に沿って手段を考えます。

1回だけのイベントであればホームページを作らずに、参加対象者がいそうな場所にチラシを配布すればいいんじゃないかってこともあります。

小さな集まりであればfacebookで関係者だけにお知らせすればいいとか。

企業とか行政とか、ホームページの作成にたくさんのお金をかけて、あとはほったらかしというのが多くてもったいない。それも使いにくかったり、更新する手間がかかるソフトを使っていてとても効率が悪いのはおかしいなと。キタジマさんは、ホームページ作るならば長期の視点で作った方がいいと。
329646DF-42EC-44EC-9DF6-5E2D63EC8299
そこで、全世界の人がボランティアで参加しているWordPressを中心に話し合いました。
分からない単語は質問しましたよ。

1578A680-184C-4A10-83B0-77A63CAAD3B5
全世界の人がボランティアで参加している仕組みがまずすごいなと思いました。
全てがオープンなため下手なことはできないし、企業が独占することもないので無料で使えます。

そんな自由に使えるWordPressは複数のグループがあってオフ会なども開き日々新しくなっているそうです。

アニさんからは、WordPressを使てホームページを作っていく過程で、キタジマさんに全部お任せするのではなく、自分たちで作っていって、困ったらキタジマさんとチャットして進めていったという事です。
アニさんがキタジマさんに相談してからわずか2か月でホームページ公開(奇跡的出来事と表現)。

資料で「北島先生によるWEB作成授業」と表現されています。
39952066_1804545319640753_6195871090510659584_n
今でもこのホームページはアニさんが記事をアップしたり手直ししてます。
長期的なサポートがあれば誰でもできるということです。
ホームページは不登校ひきこもり支援団体のライブラリとして使えるがイイということです。

やってみてよかったこと、ちょっとだったこともお話いただきました。

ハンズオンながさきはブログを使っていますが、この記事のようにその時々の情報は目につくけれど、例えばハンズオンながさきがどういう団体で、これまでどういう事をやってきた、という情報は画面の定位置にあるホームページの方がいいなと思いました。

ちなみにアニさんが管理しているホームページの年間費用はサーバーレンタル料とドメイン料で7,000円位です。
業者に作ってもらったホームページだと保守料という名目で万円単位でかかるんです。

コストが低く、誰もが情報の発信者になれるWordPressは市民社会向けだと思いました。

ただ、WordPressについて長崎で詳しい人がキタジマさんくらいだそうです。
ホームページのことで悩んでいたり、これからホームページを作ろうという方は
ぜひモンキーレンチことキタジマさんに相談してみてください。
しっかりと相談に乗ってくださいますよ。

モンキーレンチ(キタジマタカシ)
不登校ひきこもり情報たーみなるinながさき