Hands-Onながさき ~草の根を森に育てる~

長崎のNPO・ボランティアを応援するサイト。 ながさきの人々やNPOが自ら手を挙げ行動し、知り合い、支え合い、つながり合うことで、将来への希望や夢に溢れている社会を目指します。 連絡先:handson.nagasaki@gmail.com(@を半角に変えてください)

NPO・ボランティアの交流と新し動きを生み出す「Hands On cafe」(毎月第4水曜日19時) 
一人ずつ、一つずつのNPOの相談を受ける「Hands On クリニック(面談の場合は1時間1,000円の相談料となっています)」
NPOの設立、会則の作り方、資金調達、ボランティア募集、イベント、会計処理、マネジメント相談など、長﨑のNPO・ボランティア活動を応援します。
相談はコチラ→handson.nagasaki@gmail.com(@を半角に変換してください)
NPOの支援活動をやりたい人も募集しています。

長崎県が「協働」をテーマにフォーラムを開催します。

協働とは何か?

カンタンに書くと 1+1≦2 になること

それぞれの主体(上記の1)がリスペクトして、主体性を発揮しながら課題解決に取り組む「方法」です。

方法なので、全てが協働すればいいという事でもありません。

単独でやった方が課題解決に近い、解決できる場合はその方がよいということです。

でも、これまで行政だけでやってきたことや、NPOだけでは課題解決にとても遠かったことも協働という方法を使う事で課題解決に近づくならば、それを学びましょう、つながりましょうという趣旨です(個人的な解釈ですが)。

この協働フォーラムで活動紹介を行う場を提供するので出展しませんか?というのが県からのお願いです。

個人的には活動紹介だけでは「協働」のきっかけを見つけられるか疑問なので工夫は必要だと思います。

出展団体説明会が1回だけのようなのでこれを数回行うなどして顔を合わせる機会を増やすのも工夫の一つでしょう。

出展を希望する団体は県民協働課までお申し込みください。

長崎県県民協働課
https://www.pref.nagasaki.jp/bunrui/kurashi-kankyo/npo-volunteer/npokatsudousokushin/kannrennzyouhou/348116.html

    このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
ながさきのNPO、ボランティア活動をサポートする中間支援団体のハンズオンながさきです。

6月10日に、不登校・引きこもり支援情報誌「今日も私は生きてます」編集部主催の講演会、パネルディスカッションに参加しました。

講演会は、和歌山の不登校引きこもり経験者の鴻原崇之さんが、家族との関係や引きこもりの時の気持ちなど話されました。

私が一番関心を持ったのが、鴻原さんと父親との関係でした。
父親は厳しくて立派で、父親に褒められたら嬉しい、怒られたら怖いという昭和的に普通の方。

子育てはほぼ母親かしていた鴻原さんのご家庭。もしも、父親が乳幼児のころから子育てに関わっていたらどうだったんだろう?

今年3月に、東京で父親から虐待を受けていた5歳の女の子が「ゆるして」と書いて亡くなった事件がありました。

もしも父親が女の子への接し方を変えていたら、母親が誰かに相談できていたらどうだったんだろう。

よその家のことだからでは済まされない、社会のみんなで関わりあうことが必要なんじゃないか。

事件のことをオーバーラップさせながら鴻原さんのお話を聞いていました。

強く、厳しい父親の役割だけでは子どもを幸せにできない。子どもにどうなって欲しいのか、それを話せる関係を子どもと一緒に築いているか?

親として周りにいるオトナとして問われているような気がしました。

主催者の皆さん、ありがとうございました。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

長崎県児童救済基金は、被災した児童へ学資金や被服文具費を支給する制度です。
諫早大水害の義援金の一部から始まり、長崎大水害や雲仙・普賢岳災害の義援金、一般寄付金で作られています。
今回の大雨で対象になりそうな方がいたらご紹介ください。
また、火災により保護者が亡くなった場合や、全壊全焼も対象になります。
(平成29年の長崎県内の住宅火災は129件)

【救済金の種類と金額】
00012
【対象】
台風や水害などの自然災害や火災によって、親を亡くした児童や、住家を失った児童(保護者が被災時に長崎県内に居住していたこと)

【申請】
・申請は世帯単位になります。保護者等が申請者となってください。
・申請先は市町の福祉担当又は教育委員会です。窓口の市町でご確認ください。
・複数の救済金についても同時に申請できます。
・修学旅行資金と就職支度金は、被災した翌年度でも申請できます。
・被災証明(被災した事実を証明する書類)は、原則として消防署の証明ですが、これに基づく市町長の確認証明でもOKです。
・小中学生は、在学証明書は不要です。
・修学旅行証明や就職証明は、学校長名で証明を作成してください(任意様式)。


【問い合わせ先】
長崎県こども未来課(長崎市尾上町3番1号)
長崎県児童救済基金担当
TEL:095-895-2681

    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ