Hands-Onながさき ~NPOで幸せな社会を創る~

長崎のNPO・ボランティアを応援するサイト。 ながさきの人々やNPOが自ら手を挙げ行動し、知り合い、支え合い、つながり合うことで、将来への希望や夢に溢れている社会を目指します。 連絡先:handson.nagasaki@gmail.com(@を半角に変えてください)

NPOやボランティアの出逢いの場「Hands On cafe」(毎月第4水曜日19時) 
一人ずつ、一つずつのNPOの相談を受ける「Hands On クリニック」
NPOの設立、会則の作り方、資金調達、ボランティア募集、イベント、会計処理、マネジメント相談など、長崎のNPO・ボランティア活動を応援します。
相談はコチラ→handson.nagasaki@gmail.com(@を半角に変換してください)
NPO支援活動をやりたい人も大募集です!

こんにちは。
長崎のNPO、ボランティア活動をサポートする任意団体
ハンズオンながさきです。

法人ではないNPO(任意団体)が事業を実施する時に
税金がかかるのか?という相談がありました。
税理士さんに確認しました。

まず、任意団体の定義ですが、
「代表者の定めのある人格のない社団等」というカテゴリ
になります。
NPO法人や一般社団法人、公益財団法人など「法人」格
がある団体とは違うよーということ。

これは法人とみなされますよ、ということで、
税法に定める34の収益事業に該当すれば税金の対象に
なりえます。
(そういえば、ずいぶん前に税理士さんに聞いたことがある)

行政からの委託事業で、委託費が余ったら返すという事業
は収益事業に該当しません。
そもそも行政は、収益事業を市民団体に出すようなことは
しないと。そういう申請や提案は審査会ではねられる確率が
高い。
(NPOとしては、収益も必要な場合があるけど)

ただし、委託費の範囲内でやって赤字でも黒字でもそれは
関係ないよという事業だとこれは請負事業になるので収益
事業となり課税対象となります。

また、NPOで1つでも収益事業があったら、その収益事業
については、税務署に届け出なければなりません。
収益事業以外は届け出る必要はありません。
NPOの内部では収益事業と思っていなくても税法上収益
事業と思われる場合は、税理士さんに相談を。

例えば、小さなボランティアサークルで年間1回程度のバザ
ーで収益があった場合は、届け出なくてもいいのです。
事業とは反復継続されていることなので、年間1回は事業と
みなされないでしょう。

バザーが毎週やっているような場合は反復継続されている
と考えられるので収益事業とみなされます。


もう一つ、市役所や県庁との委託契約を結べるか?ですが
結べます。
ただし、その市役所や県庁の態度によります。
任意団体と契約するということは、任意団体は法人格がない
ので、実際には任意団体の代表者個人と契約することに
なります。

となると、情報公開請求や議会への説明資料に個人の名前
が出てくることになります。
これを、市議会議員が「なんで個人にこんなに払っている」と
突っ込んだりして、悪いことをしていないのに余計な詮索をさ
れることを嫌がるお役所が多いそうです。

隣の佐賀県は、任意団体と行政の契約もスムーズにいって
いるようですから、長崎もそうならないかな。

もう一つ聞いたのが、行政と一緒にやる事業で、NPOはお金
がないので前払いができないのかということですが、ほとんど
できないという回答でした。

協働事業であれば、事業費の一部を行政も負担するので支
払いを行政がするのですが補助や委託事業だと精算払いが
基本なのでまずしないでしょうね。ということでした。
相談した税理士さんの所属するNPOさんは、500万円の事業
費を銀行から短期借入して事業を実施したそうです。
利子も払ったって。

事業費の一部は自己資金だから、自己資金で賄えればいいの
ですが、予算規模50万円未満のNPOが7割以上を占めるた
め補助事業を実施するほど、資金繰りでヒーヒーいうことになり
ます。
(ちなみに赤字と資金繰りは別問題です。また別の機会に)

補助事業や委託事業でも前払いができるように長崎のNPO
が協力して求めていくことも必要だと改めて感じました。

こんにちは。
長崎のNPO、ボランティア活動をサポートする任意団体
ハンズオンながさきです。

明日、1月17日は阪神大震災から22年目となります。

私は当時、宮城県仙台市の大学生であり、ラジオで
地震を知りました。
日本でこのような大きな災害が起こったことにびっくり
した覚えがあります。

学生なので、救援活動に行こうと思えば行けましたが
就活や卒論を理由に行きませんでした。ちょっと募金し
た程度です。
そんな「疚しさ」がずっと心の奥底に残っています。
だから、東日本大震災や、他の災害にはボランティア
活動へ参加しました。

私は、自分のココロに生まれた衝動によって動きました。

明日は、22年目となり、生まれて間もない震災の記憶が
ない学生の方々が中心となって、
長崎市内で祈りを捧げます。
素晴らしいです。
他人のことを自分事として考え、行動している皆さんです。

1.17 阪神・淡路大震災追悼式(facebook)

日時:1月17日 午前5時~6時30分
場所:長崎大学文教キャンパス 中部講堂前の広場
(正門から入ってすぐ左手)

〇ともしびメッセージ
→キャンドルをならべ、メッセージを形作ります。
一緒に灯しましょう。

〇黙とう 5:46分(地震発生時刻)


〇防災・減災グッズ、リーフレット配布
→参列していただいた方全員に、防災グッズと地震など
災害が起きた時に役立つことをまとめたリーフレットを
渡しします。

いけない方も、静かに祈ることができればと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
長崎のNPO、ボランティア活動をサポートする任意団体
ハンズオンながさきです。

イベントに参加したボランティアへ払う謝金の源泉所得
税について税理士さんに相談して確認したので備忘録
として書いておきます。
参考になればと思います。

週末のイベントにスタッフとして参加したボランティアし
たボランティアのAさんに5,000円を払ったとします。

Aさんは会社員としてお給料をもらい、たまたま今回の
イベントに参加しました。初めての参加です。

この5,000円は交通費とキモチとして払いました。
ででで、5,000円を払う時に主催したNPOは源泉
所得税を控除しなければならないのでしょうか?

結論から言うと、源泉所得税は控除しなくてよいに
なります。

講演会の講師に謝金を払う時は源泉所得税を控除しま
すが、この場合は源泉所得税の税額は0円です。

Aさんは会社員でお給料をもらっているので、会社に
年末調整で使うための所得税の申告書を出しています。
給与所得の源泉徴収税額表の欄では
これを出すと「甲」扱いになります。

一方、初めて参加したイベントで得た5,000円は
1日だけの収入になるため
日額表の「丙」欄の扱いになります。

日額表の丙欄の5,000円を見ると税額は「0」円です。
ずっと税額欄を追っていくと、最初の課税3円がでるのが
支払額9,300円以上です(H28年分)。

NPOとしてはAさんに5,000円をそのまま払い、
Aさんはそれをそのまま受け取ればいいということです。

これは、源泉所得税がかからないのではなくて、源泉所得
税額が結果的に0円だったということです。

また、Aさんのように所得税法204条に列挙されていない
イベントスタッフなので謝金ではなく、日当=給料と解釈す
ることが一般的です。

(日当=給料となると雇用契約書の作成が必要かどうかと
なりますが、それはまた別の機会に)

へーー。
それは知らなかった。
実施主体が講師料として支払ったから、講師料として
受け取る必要もなく、それは受け取るNPO側の解釈の問題
であって、講師料として支払う必要もないということも。

Aさんのように給料以外の収入が年間20万円未満の場合は
確定申告しなくてもよいとなっています。
確定申告しなくてもいい=確定申告してもいいということ。
つまり、年度末に確定申告に税務署に行って、余計に税金を
払うような事態になったら「今日はやめときます」と言って
帰ればいい。
申告できる=申告しなくていいと逆に読み替えることができま
す。

任意団体の税金の取り扱いや行政との契約についても税理士
さんからお話を聞いたのですが、それはまたの機会に。

このページのトップヘ