Hands-Onながさき ~NPOで幸せな社会を創る~

長崎のNPO・ボランティアを応援するサイト。 ながさきの人々やNPOが自ら手を挙げ行動し、知り合い、支え合い、つながり合うことで、将来への希望や夢に溢れている社会を目指します。 連絡先:handson.nagasaki@gmail.com(@を半角に変えてください)

NPOやボランティアの出逢いの場「Hands On cafe」(毎月第4水曜日19時) 
一人ずつ、一つずつのNPOの相談を受ける「Hands On クリニック」
NPOの設立、会則の作り方、資金調達、ボランティア募集、イベント、会計処理、マネジメント相談など、長崎のNPO・ボランティア活動を応援します。
相談はコチラ→handson.nagasaki@gmail.com(@を半角に変換してください)
NPO支援活動をやりたい人も大募集です!

こんにちは。
長崎のNPO、ボランティア活動をサポートする中間支援団体のハンズオンながさきです。

昨日は長崎市市民協働推進室が主催する研修に参加しました。

テーマは「市民協働と地域課題」についてです。

講師からいろいろお話がありましたが、市民活動支援をやっている団体としてグサッと刺さったのが、「市民活動団体の提案力が弱い」という指摘です。

市民活動団体の多くが、「地域にとっていいことをやりたい」と活動をしているけれど、それは本当に地域の課題解決に結びついているのか根拠(ニーズ)と活動が合致しているか説明ができていないという点。

痛いなあ。。

行政のお金=税金を使ってまで、市民活動団体の活動を支援する意味があるのか?の問いにとても弱い。

最近は、助成金を出す団体の意識が変わってきて

活動の効果>地域の課題>市民活動団体の想い

というように効果測定が重視されてきています。

それは、長崎市も高齢者が人口の1/3以上を占めるようになり、財政も行政職員も不足している中で福祉サービスを落とせない、福祉ニーズが拡大している状況が急速に進んでいるからです。

地域の困りごとと市民活動団体の強みをどうコラボするか。
まずは地域の困りごとをどう把握するのか、調べるチカラが圧倒的に不足していることを痛感させられました。

ハンズオンながさきが支援したいのは、市民活動団体の活動による地域課題の解決であることを再認識しました。そのためにはハンズオンながさきが地域の課題を捉えていなければならないということもです。

これまで、市民活動団体の情報発信の状況を調べたり、市議会議員の市民活動に対する意識を調べたりしたことはありますが、具体的な地域の個別課題を調べたことはなかったなと。

子育てや福祉など各分野で取り組んでいる市民活動団体の方は、どのように地域課題を捉えているのかを調べようと思います。

こんにちは。
長崎のNPO、ボランティア活動をサポートする中間支援団体のハンズオンながさきです。

人を本に見立てて、本の世界(その人のこと)を知るヒューマンライブラリが開催されます。

がんサバイバー、フリーカメラマンやショーパブダンサーなど9人が本として登場します。
30分間、フリートークをしてその人の世界を知ります。
新しい世界を知ることができるチャンスです。

【日時】
2017年8月19日(土) 14:30開場、15:00~19:15の間で6回

【会場】
長崎市立図書館多目的ホール(長崎市興善町)

詳しい内容などは主催団体のfacebookをご覧ください。


    このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
長崎のNPO、ボランティア活動をサポートする中間支援団体のハンズオンながさきです。

NPO法人九州環境サポートセンターさんが長崎市内で市民活動団体向けの助成金セミナーを開きます。
助成団体が助成金の説明をして個別相談会も開催します。
0001
【助成金制度と助成団体】
・地球環境基金(環境再生保全機構
・環境市民活動助成(セブンイレブン記念財団
・NPO助成(九州ろうきん
・TOTO水環境基金(TOTO)
・長崎市市民活動支援補助金(長崎市
※この他に資金支援団体としてNPOながさきの共感寄付ともやいバンク福岡の市民のためのバンクが参加します。

【日時】
2017年9月23日(土・祝)13:00~17:00

【会場】
松藤プラザ「えきまえ」いきいきひろば10号室(長崎市大黒町3-1 交通会館3階)

【対象と定員】
市民活動を行っているNPO、個人 40名(先着順)

【参加費】
一人1,000円(九州向け助成制度一覧のパンフをプレゼント)

【申し込み方法】
申込専用ウェブサイトから申し込みしてください。

【主催】
NPO法人九州環境サポートセンター・一般財団法人セブン-イレブン記念財団
【共催】
NPO法人 環境保全教育研究所



このページのトップヘ